親族間の土地の売買で知った土地の価格のこと

ちょっと前にも書いた我が家の土地の名義に関する親族間の騒動。。。

今は無事に終息して、あとは引き渡し前に権利変更をするときに

ハンコを1つか2つかもらうだけで無事にお付き合いが終了します笑

親族間売買。いくらが妥当なのか?

自分の実家じゃないし全くもって知識がなさすぎる土地の名義問題。

建替え予定の土地の1/4を相続の関係で名義を持っている親戚に名義を変えてもらうために

土地を譲ってもらうという内容。

親族間の争いのすったもんだはこちらから

一般的には、土地分は相続放棄をするとかお願いするとかいうのが多い事例らしく。

周りの人の話を聞いていても、「面倒を見た人がもらってもバチは当たらない。」という考えの人が多いよう。

でもそう思わない人もいるのが実情。それならば。

そんなにお金があるわけではないし、親族間での土地の売買なので

常識的な価格の最低ラインでお願いしてもらえないか?

ということで、

不動産価格取引で使われる”路線価”の中で一番低く算定されている

『固定資産税路線価』を調べることに。

 

ちなみに、土地の値段の評価に使われるものって

公示地価・路線価・基準地価

っと色々あって公示地価と路線価は国が毎年出していて

基準地価は自治体が発表しているそう。

 

ネットで自分のお家の地価はなんとなく調べられます!

我が家の地価はいくら?

路線価と言っても、

公示地価の約7割で算出されている固定資産税路線価

公示地価の約8割で算出されている相続税路線価

と2種類あって調べていると頭がごちゃごちゃ・・・

 

固定資産税路線価の目安は、毎年納める固定資産税の用紙に書いてあるので

それを参考に。相続税路線価は国税庁のホームページに毎年更新されて載っていますよ〜

 

我が家の地価をネットで調べてみると

固定資産税路線価は約2600万円。

相続税路線価は約3000万円。

 

これを1/4にすると、650万円〜750万円。

付き合いも良好な親戚だし、この金額でお願いできないかとお願いしてみたのですが

この倍額を要求されるというトホホな結果になったのでした・・・

不動産屋さんの売買取引の相場を調べることに

「こんなに土地の値段が安いはずはない」と完全に金に目がくらんだ親戚を納得させないと

先に進まぬ建て替え問題。

そこで。”もしもこの土地を売るとしたらいくらで売れるのか?”

というのを調べてもらうために

不動産売却一括見積もりのサイトを利用して、簡単に調べてもらうことに。

2016-11-02-22-37-37

もしもこの話が破断になってしまったらこの不動産売却の見積もり結果の価格を元手に違う土地をさがそうとも考えていたので無駄にはならないはず!!

そして、出かけずに調べてもらえるのでとっても楽でした。

不動産売却の見積もり額

img_1180

高くて3000万ちょっと。結構細かく見積もられているよう。

img_1182

低くて2800万円ほど。

 

建物代はどこの会社でも0円査定。

耐久年数を超えているかららしい。

マイナス査定の要因が、家までの急坂だったり、家の前の道路が建築基準法の条件付きの道路だったり

色々あって、路線価と大差ない金額がでました!

が!!!

親戚は「不正に操作された価格だ」と言い張ってもはや聞く耳持たず・・・

もう縁切り決定です。w( ´ ▽ ` )ノ

 

でも、この見積もりサイトで出してもらった結果で

我が家が不当に安い値段を提示しているわけではないと確信できたのでよかったです。

不動産売却見積もりはこちらから




ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018