三井ホーム〜トロワ〜で建てる我が家の外観選び

我が家は二世帯住宅を建てています。三井ホームでの最初の見積もりから

トロワというパリのアパルトマンをイメージしたお家をベースにした家づくりを設計士さんがしてくださっています。
外観の打ち合わせのことを書いたページでも書いたのですが・・・
デザインセンターでサンプルを見ながら外観色決めのお話はこちら♪

古い家が立ち並ぶ住宅街なので真っ白すぎる新築の家が建つと目立つんじゃないかと思いつつ・・・

トロワの真っ白なお家はとっても憧れ♡

自分の意見だけを押し通すこともできず、世代の感覚の違いなども少しは考えなきゃいけないところが二世帯住宅を建てるならではの悩みです・・・w




外壁の打ち合わせへ

image

(出典mitsuihome.co.jp)

我が家の外観は湿式という仕上げです。この他にもタイル・人造石仕上げやサイディング材で仕上げることも。

三井ホームのデザインからすると、湿式の吹き付け仕上げの一番標準のものが見栄えがいいと言う人多数!

家の雰囲気が変わる仕上げの違いなので検討する人も多いのではないでしょうか?



湿式仕上げとは?

断熱材にモルタルを密着・接着させてから塗装をする工法。

三井ホームのお家だと、2×4材(2×6材)の上に

スーパーファインクリートという一般的なモルタルよりも緻密に結合されている独自の外壁下地を塗って、その上に吹付け仕上げ材を塗っていくというもの。

image

写真で見ると分かりやすいですね。

吹付け仕上げ材はSBフィニッシュというのが標準みたいで

他には、天然接骨材を着色配合したMGクレイというのがあるそう。

このMGクレイという吹上仕上げ材で外壁を塗ったというブロガーさんの写真を拝見すると

小石が混ざったような塗料になるので

ちょっと高級感のあるような仕上がりになるんだな〜。っと思いました。

お値段的には

SBフィニッシュ

SBフィニッシュ-Long

MGクレイ

MGクレイ-Long

と高くなっていくよう。それによって耐久性も上がっていくそう。

面積の大きさによって値段の上がり幅は変わるのでいくら違うかはお家によってそれぞれ。

SBフィニッシュで20年の耐久性があると言われていて

SBフィニッシュだと30年になるそう。

この辺、建ててみないと正直ピンとこないです・・・・・

 

汚れという問題に対してはトップコートという選択肢もあるそう。でも30万以上はかかりそうなので諦めます・・・

私は単色でシンプルな色味の方が好きなのとなるべくならコストを増やしたくないので、ここは見積もりも聞かずでした。

外壁の模様?仕上げも色々

SBフィニッシュの仕上げ材でも仕上げ方の種類もあるそうで(結構ややこしい・・)

image

吹放し仕上げ以外はお値段が変わるようで

安い順に

吹放し(標準)・・・モルタルの上に吹付けるだけ

キャニオン・・・吹放しの仕上げに線を出す仕上げ

トラバーチン・・・大理石調(石灰岩模様)仕上げ

こてランダム・・・コテで仕上げる立ち会えば模様などを相談できるらしい?

テール・・・骨材を入れた塗料で吹き放しておさえて線をつける仕上げ

 

最近、スタッコ押えという仕上げがなくなってトラバーチン仕上げというものが登場したそうで

あまり情報がないけれど

SONOMAソノマという商品で使われているようです。

そして吹放しの色。豊富です!!

image

白!!

って言っても、黄色味がかった白・青みがかった白・チェリーホワイトのような

赤みがかった白・スノーホワイトの真っ白な色

と色々あります・・・

 

本当はスノーホワイトが良かったけれど

真っ白すぎて汚れが目立ったりしてもな〜っというのと

あまりに白いと目立つかな〜っと。

なので今のところはオフホワイトで落ち着きそうです。

image

このドアも白がいいんだけど旦那は茶色がいいみたい。

どうやって説得するか??w

屋根とドアについてはまた次に書こうと思います♪

私も利用したおすすめの無料見積もりサイトはこちらです
タウンライフで間取り・資金計画を無料で作成






ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018