インテリア

海外インテリアでよく見かけるあのアイテムが欲しいんです

いつかマイホームが手に入ったら欲しかったもの。

洗面所にタオルウォーマー

あまりタオルウォーマーを使っているおうちって見た事ないので使っている人って少ないかな?と思いますが

一度使ったら便利で手放せないアイテムなのです!

タオルウォーマーってどんなもの?

タオルウォーマーはその名の通り、タオルかけの形をしたタオルを暖めてくれるもの。

(出典tradeplumbing.co.uk)

海外のインテリア写真やホテルなどではよく見かけます。

洗面所にあるのが一般的でタオルかけ兼ウォーマーでタオルをふかふかに暖めてくれる優れものなのです!!

イギリスに住んでいた時のお家の洗面所に上の写真と似た感じのタオルウォーマーがトイレの正面に置いてあって

寒い時期にはほんのり暖かくてぬくぬくできたのが忘れられないんです。

もちろん、タオルだけでなく、ちょっとした洗濯物もかけておけば乾くのが格段に早くなります!!

タオルウォーマーの種類

ロンドンに住んでいた時のおうちのタオルウォーマーは

家中がセントラルヒーティングだったので

床に取り付けられていて蛇口のようなものをひねってオンとオフができる仕組み。

 

さすがにまだ家が出来上がっていないとはいえ、直付けは難しいので

お家が出来上がって住み始めてから好みのものを購入して付けたいな〜っと考えています。

暖める方法が違う

日本で購入できる後付けのタオルウォーマーは

  • 温水循環式
  • オイルヒーター式

などのタイプがあるそう。

色も形も豊富なこのデザインウォーマーだと、

温水の輻射熱で温めてくれるタイプで30~40℃の温度で温めてくれるから

ちっちゃい子供がちょっと触れても大丈夫!!!これは大きなポイントですね!

 

オイルヒーター式だと温度が50~60℃になるのでちょっと熱いので、子供がいたりするとちょっと危ないですよね。。。

 

デザインウォーマーだと、電気代は

24時間つけっぱなしでも、温度が高いときには作動しない仕組みになっているので

実質8時間通電したとして1日約120円。

夏と冬で室内の温度が違うから若干の誤差がありそうだけど・・・

 

しかも100Vの一般的なコンセントで取り付けできるので

これいーなーっと思い、楽天市場でお気に入りに追加中です

これをつけるなら、洗面所のタオルウォーマー設置予定場所に下地を入れてもらわなきゃな〜。
壁に取り付けられないときにはじか置きタイプのタオルウォーマー

これはコンパクトなじか置きタイプで値段もお手頃で、これは候補の一つです♪

 

タオルウォーマーを設置するにはコンセントと壁の下地があったほうがいいので

上棟確認のときにお願いする予定です♪