【建方工事】着工48~49日目〜クレーンで外壁組み立て!〜

今回は我が家の新築工事で一番大掛かりな2日間。

外壁・屋根の断熱材の設置。

見に行こうと思って行ったらもう最後の1時間くらいの作業量しか残っていない感じで

ほぼお家の外枠が出来上がっていました・・・




クレーンでパネル設置

我が家の前の道路は4m幅の道路なので2t車が通行できる道路なんだそうで。

クレーン車を2日間道路において通行止めにして

1階の外壁・2階の外壁・屋根の断熱パネルを設置していくそう。

屋根設置中〜。

大工さんが2人屋根の上に上がって、クレーンでパネルをあげてもらって誘導して下ろして〜の繰り返し。どんどんパネルが並べられていく!!!

構造用面材にサンドウィッチされたビーズ法ポリスチレンフォームという断熱材。

三井ホームオリジナルのダブルシールドパネルと言われるもので

三井ホームで勾配天井を作ると、屋根の傾斜が断熱材になっているのでやりやすかったり

屋根裏の温度上昇などが軽減されたりしていいですよ〜!っと売りになっているもの。

 

後日、2階の現場を見学させてもらったときに

天井部分にDSパネルのマークがちゃんとありましたよ〜!

作業後。図面で何度も何十回も見ていたものが立体的になってちょっと感動。

「あ〜家を建てているんだ〜〜〜」っと眺めていました笑

正面。バルコニーがせり出している感じなのでちょっと不恰好になっている気もするけれど・・・・・

ここから外壁が塗られるまでまた楽しみ♪

現場監督の方に色々説明していただきました。

お家に使う釘は全部で4種類。

全部長さ別に色が分けられていて、検査の時に釘の色と数を確認して

ちゃんと釘が打たれているかを確認するんだそう。

 

1軒に使う釘の数も決まっているそうで

大工さんは失くしたらちょっと大変そう〜〜〜〜〜

 

気さくな現場の責任者の方なので色々聞きやすくて助かります♪

ここから内装工事に入っていく予定です




ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018