《地盤調査》解体後の地盤調査で地盤改良が必要に・・・

先日、無事に終わった我が家のこじんまりな地鎮祭。

地鎮祭の時のお話はこちらです

その地鎮祭は午前中にサクッと終わり、午後からは

建て替え前のお家の下の部分の地盤調査ができていなかったので追加の地盤調査を行うことに。




地盤調査の結果・・・・・

地盤調査の結果は営業さんから電話で早く連絡をくれました。

「ちょっと地盤の補強が必要なところがありまして・・・・・」

お金ないのに・・・こういうところでお金がかかる・・・・・( ;∀;)

後日、地盤調査の結果の資料を夫が受け取りに行って詳細や追加費用を聞くことに。

地盤調査って、機械を使って地中の土などを少し採取したりして地層や固さを調べるらしく

どの深さがどんな感触で地中に入っていくのかが

『貫入状況』と書いてある欄の

スルスル

ジンワリ

とか書いてあるところでわかるそうで。

地点ごとに詳細が記された紙があって1地点だけ、地盤の補強が必要なんだと。

地盤補強の費用・・・

どうやら、昔使っていた浄化槽を撤去したあたりの地盤が補強が必要らしく

表層改良の地盤補強工事で54万円なり〜・・・

これに消費税。8%ってこの金額からするとホント恐ろしいですね・・・・・

万全の土地にしっかりした家を建ててくれるけれどとにかくかかるお金が少々お高い。

これが安心料となって、いつかは起こるであろう大地震にも耐えてくれることを祈ります。。。

 

いや〜〜〜地盤改良が必要な場合もあるとちゃんと聞いていたけれど、

ここまで高いとは。。。

しかも、浄化槽の撤去に30万円だとか解体業者はふざけたこと言ってるみたいだし。。。。。

 

いっそのこと、浄化槽の上に新しい家建ててくれても構わないんじゃないか。。。

とケチぃことを考えてしまったのでした笑




ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018