打ち合わせの記録

【外構】外構打ち合わせ♪予算は200万円!

造作工事もいよいよ終盤で、来週末からは壁紙などの内装工事に入っていく我が家。

久々に営業さんから連絡が入って

「近々、外構の打ち合わせや住宅ローンの書類などに署名と印鑑が必要になりますので打ち合わせしましょう〜」とのこと。

モデルハウスでの打ち合わせは約3ヶ月ぶりです。

外構屋さんと初対面

外構屋さんを営業さんから紹介してもらいました。が。まだここに決めるかどうかは決定してません。。。

 

外構屋さんも、知り合いに紹介してもらうかもしれないので

見積もりを比較させてもらうためにとりあえず打ち合わせをしていくらでどんな感じに出来上がるか。

という打ち合わせ。

 

予算は営業さんから伝えてもらえてるようなので

そこから、大まかなポイントを決めていきます!

  • 塀は作るのか?
  • 駐車スペースの足元はどうするか?
  • アプローチのどの部分までタイルを貼るか?
  • 車止めはどの位置にするか?付ける?
  • 家の周りの裏側などは砂利を敷く?
  • 玄関横の裏へつながるスペースには門を付ける?
  • 敷地の境界線の塀はどんなやつにする?

ざっと言われただけでもこんな感じ。

 

このなかで、一番お金がかかりそうなのが

境界線の塀

土地が広いということは、境界線の面積も広いということ。

そして、横の家との境には建て替える前には2m超えの塀が設置されていたので

それと同じ塀を一面に付けるとなると

強風で飛ばされないようにする基礎だけで結構な費用がかかるんだとか。

なので、ブルーの線の横一面は目線の高さだけに塀を付ける案が採用されそう。

 

昔設置したものに比べるとしっかりとした補強が求められるようで

色々基準が厳しくなっているので昔と同じものを造るって結構難しそうなのが現実。

アプローチ周りで気になるのがこのアイアンの手すり!!!

ちょうどこのカタログの写真のような玄関なので

このままこんな感じで付けられたらいいな〜♪

新居の階段はこんな感じ♪可愛い♡

真っ白なお家なのでこういう部分はアイアンが合うと勝手に妄想中♪

 

次回は現地で車庫の部分を決めたり、タイル石を敷く範囲などを話し合ったりする打ち合わせの予定です

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020