打ち合わせの記録

《インテリア打ち合わせ10》2階子世帯のインテリア確認&照明計画

インテリアコーディネーターさんとの2階の打ち合わせもこれで3回目。

ブログに書きたいこともたくさんあるけれどなかなか書けず時間ばかりが過ぎていきます・・・・・

 

インテリアの打ち合わせは週に1度くらいのペースで進んでいて

次回の打ち合わせまでの間に宿題のように新しいお家のイメージを膨らませるので頭がパンパンですw

我が家の照明のことについて書いてみようと思います♪

2階子世帯スペースの照明計画

前回までで2階の子世帯スペースは

  1. キッチン・お風呂の色&設備
  2. 床材
  3. 壁紙

が決まりました。最後は照明計画の打ち合わせです。

 

2階のリビングの照明決めが一番私が頭を悩ませている場所です。。。

その理由はリビング&ダイニングは最大約3.5mの天井高の勾配天井だから。

勾配天井だと、天井が屋根に沿って斜めなのでダウンライトを入れるにもちょっとひと手間かかるんだそう。。。

thelightingresource-eaton-com2

(出典:thelightingresource.eaton.com)

こんな風に斜めにダウンライトをつけることはもちろんできるけれど、

そのためには天井を約20cm程低くしてダウンライトを埋め込む部分を作らなきゃいけないとのこと。

 

三井ホームは屋根断熱の特許を取っていて

屋根に断熱材が直接入っていることで勾配天井でも断熱材の効果を高くすることができるというのが売りの1つ。

屋根には当然、断熱材が入っているのでそこにダウンライトを埋め込むことはできないということで

屋根の下に天井板をつけて斜めにダウンライトを埋め込むそう。

 

差額は聞かなかったけれど、手間がかかるってことはきっと普通にダウンライトを入れるより高いよね?!?!?!と余計なことを考えてしまったり。。

せっかく高くした天井をわざわざ20cm下げることもないかって意見でこの話は却下。(20cmの差を感じられるかはわからないですけどね・・・)

なので、リビングには壁付けのブラケット照明をつけてもらうことで決定しました。

 

あとは、ダウンライトの照明が斜めになるので光の当たり方が若干変わるのが気になる人もいるというお話でした。

このタイプのブラケット照明というものを2つ並べて付けてもらう提案をしてもらってこれでほぼ決定〜♪

楽天で買うと半額くらいで買えるなんて・・・・・・・(涙)

 

この照明、ライン状になっている照明の上下に光っている部分を上だけつけるor下だけつけるor両方つけるということができるんだそう!!!

 

そして、2つ並べて付けているので、スイッチを別にすれば

右は上下付けて左は上だけ付ける

など調光までいかないけれど明るさ調節ができる優れもの♪

 

そんなに細かく変えないと思ったので2つの照明は連動してもらうことにしました。

調光型のタイプもあるようで、映画を観るのが好きな人などは暗めの照明にするために調光タイプを好むなんて話も聞きました。

ダイニングエリアの照明

ICさんの提案は写真の『25』と書いてある位置にスポットライトでダイニングテーブルを照らす提案。

image

でも。。。ダインングテーブルの上にはやっぱり小洒落た照明が欲しいとずっと考えていて・・・

スポットライトは却下に。

そして、勾配天井用のフランジという照明をつける器具を取り付けてもらうことにして

照明は施主支給にすることにしました♪

これを付ければ軽量の物ならシャンデリアだって付けられます♡

 

シャンデリアって大きめのものになると10kg以上もあるので

勾配天井にはさすがに重いものはつけられないので5kgくらいのもので何か見つけたほうがいいなと思っています。

2階のその他のお部屋の照明は

  • 子供部屋2部屋はシーリングを施主支給
  • 洗面所も斜め天井で天窓があるのでスポットライト
  • トイレは施主支給でペンダントライト

主寝室には今も主寝室で使っていて高校生の頃からの愛用品の王冠のシャンデリア

image

階段にはフレンチで可愛い壁付けブラケット照明をICさんが提案してくれて即決でした❤︎

ロウソク型で写真だけでとっても気に入りました。

夫は、インテリアコーディネーターさんの提案ならと何も意見なし笑

子供部屋のシーリングも可愛いものを見つけて子供らしいお部屋を作ってあげたいなと考えています。

以上、我が家の照明計画でした♪

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2020