打ち合わせの記録

三井ホーム〜トロワで建てるドア&屋根選び〜

1つの記事で屋根や外壁のことなどをまとめようと思ったのに、意外と外壁って奥が深いというか・・・

書くこと沢山だったので分けて書くことにしました♪

三井ホーム〜トロワ〜で建てる我が家の外観選び我が家は二世帯住宅を建てています。三井ホームでの最初の見積もりから トロワというパリのアパルトマンをイメージしたお家をベースにした...

三井ホームの屋根

三井ホームは屋根断熱というのが大きな特徴。

DSダブルシールドパネルという特許をとったもので屋根そのもので日射熱を遮断。

部屋の天井を勾配天井小屋裏にしてもらうと、空間ができないので

熱がこもらないのというのがメリットで2.4トンに耐えられる耐久性。

image

住宅展示場のモデルハウスに行くと、屋根断熱を売りにしているので

勾配天井のリビングなど見ることができて

ワタシも見せてもらった時に

「天井が高いと開放感があっていいなー」っと一目惚れでした♡

 

最高で4m近い天井高にできることもあるそうで

我が家は最高天井高は3.4mくらいになる予定。

 

天井高は、標準は2.4m。

1階の親世帯の天井高を2.6mにしてもらおうと思ったのですが!

 

北側斜線の問題で2階の北側の部屋は斜めになっている天井になっているので

1階の天井を20cm上げてしまうと2階の天井が低くなってしまって

北側に設置したユニットバスが入らないかも・・・・・

っという問題が発生してしまうのでそのまま2.4mにしました。


屋根の種類&色

屋根の種類で我が家が提示されているのは

  1. 三州瓦 セラマウント(メーカー:三州野安)
  2. 三州瓦 S形瓦ユーロシリーズ(メーカー:新東)
  3. 彩色スレート コロニアルグラッサ(メーカー・ケイミュー)

の三種。その他にもきっとたくさんあるんだと思います。

瓦は高くて重いけど、色褪せることはほぼないのでメンテナンスの面でいい

彩色スレートは軽くて太陽光のパネルを乗せたりするにはいいけれど

どうやら10年をめどに色褪せが出てくるそう。

そうすると塗装が必要になるとのこと。

 

我が家は最初の提案のままコロニアルグラッサでいくと思うのですが

色褪せし始めたらきっと目立つんだろうなぁ〜〜〜

なんかいやだなぁ〜〜〜っと思うところ。

 

瓦屋根の方がコストはかかるので、

メンテナンスフリーにして最初に高い金額を出すか?

最初のコストを抑えて後でメンテナンス代をかけるか?と、人によって考えの違いが出てくるポイントですね〜。

 

この後の確認申請が始まると、

屋根は種類によって重さなどが変わると、建物の構造計算のやり直しなどになってしまうので

タイムリミットは近づいています・・・・・

 

よく考えて決めないと。ちなみに色はグラッサ・ブラックにするかなぁと。

モデルハウスの色がブラックなんだそう。

白と黒でマッチするかな♪とも思い、ほぼ決定です。

玄関ドアの色決め

そして玄関ドア。

image

こちらは標準なので追加料金なし。

image

こちらはアクセントが女性受けしそうな素敵なデザイン。

追加で5万いかない?くらいだったかと。

他にも色々あるけれど我が家はこのあたりの2択。

 

あまり小洒落ていないシンプルな扉にする予定です。

私の中では、白い壁に白い扉でスッキリシンプルなイメージが出来上がっています。