《打ち合わせ14》営業さんと費用の確認

我が家の打ち合わせも終盤に。前回の打ち合わせで最終承認を行ったので大体のお家にかかる金額が出てきたというお話です。

前回の打ち合わせのお話はこちら




着工前の家の工事総額が出ました

我が家は知り合いに三井ホームを紹介してもらって契約をして建てています。

紹介してもらっただけあって、契約前の見積もりの打ち合わせからとっても分かりやすくてサクサク打ち合わせが進み営業さんには本当に感謝です。

思ったことを聞いてもすぐに返事が返ってくるので頼りになります!

営業さんが頼もしすぎて夫は頼り切っちゃってお金の心配とか全くしていない様子なのにはビックリでした・・・笑

 

費用の面でも、最初の契約時の見積もりからそーんなに金額が変わっていません。

というのも、契約前の見積もりの際に、「この仕様で見積もりを出しています」と言って

カラーで我が家の建具や設備などの冊子を作っていただいたおかげだと思います!

img_0901

なので、ここから変更をすると金額が変わるんだなっていうのが一目瞭然。

よく、見積もりの時に言われた値段からどんどん上がっていって不安になった

ということを聞くけれど、営業さんもこのことは結構気にしているみたいで

「せっかく家を建てるのにお金のことばっかり気にしてしまうと勿体無いんですよね〜。

なので最初に希望を聞けるだけ聞いて見積もりを出すように気をつけているんですよ〜」

っと言っていました。

 

もし、今見積もりを出してもらおうか迷っている人がいたら

めんどくさいし時間もかかるけれど、大体のイメージを膨らませて、きっちり見積もりを取ってもらった方がいいです!!!

そうしないと、予算に限りがある場合は特にシビアな計算になってきて

後になって色々なものを断念するということになりかねないので、オススメです!!!

 

でも、これは三井ホームや住友不動産など(ワタシが実際に見積もりをお願いした会社)

の場合で、住友林業は、細かい見積もりが欲しい場合は申込金の5万円が必要なので

これも注意が必要ですね。。。

 

5万円の申込金を払うまでは、実際に建てたお家の事例などの参考プランの価格しか教えてくれないので出し惜しみされて、住友林業のお家によほどの魅力がない限りちょっと嫌になりました笑(私だけかもだけど・・・)

↓私も利用した無料の資料請求サイトはこちら↓
無料で大手ハウスメーカーで注文住宅の間取り作成

img_0902

見積もりに入れたものはマーカーが引かれていたりして、分かりやすく

「我が家にはこの見積もりの値段でこれが付くのね〜」っというのがわかって、

この契約じの見積もりからプラスしたり減らした内容は

設計士さんとの打ち合わせをしていく上で付けてもらうことになった

追加したところ

  • ダイニングの隅にワタシのワークスペース
  • ピアノ室に奥行き35cmの棚
  • キッチン裏にニッチ

外してもらったもの

  • クローゼットの中のフィットラック
  • 食洗機

くらい。

あとは、インテリアの打ち合わせでICさんと細かい設備決めをしていて

  • キッチンの値段
  • 壁紙の値段

などが変わって

見積もりから約40万円くらいプラスしたくらいで済みました。

ちょっとしたことだけれど、営業さんの気遣いで印象が全然違いますね。

↓ワタシも利用した無料の資料請求サイトはこちら↓
間取りや資金計画を無料で見積もり
↓火災保険もそろそろ考えなきゃで利用しました↓
火災保険の一括見積もりサービス




ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018