《ハウスメーカー探し⑦》住友不動産で2回目打ち合わせ

前回の住友不動産での打ち合わせでいきなり登場した

1級建築士の営業おじさま営業さんの拠点で、見積もり結果を見せていただきに行ってきました。

前回の住友不動産でのお話はこちら⭐︎

在来工法のメーカーなので、へーベルハウスとは違う見積り結果が出るかなぁとちょっと期待でした。




住友不動産の見積りができあがりました

ここまでの時点で実際に直接住宅展示場を訪問してもらった見積もりは

  • ヘーベルハウス
  • 住友林業(間取りも費用も出てないけど)

と見積もりをお願いしたのですが
『45坪で間取りを作ってください』

ってお願いしているのに、みーんな48坪くらいで作ってくれるんですよね・・・・・・

 

確かに、1階は母だけで2階は3人で住むのでどうしても頭でっかちになってしまう要望・・・

でも、建て替える前の今の家が45坪なので

できれば同じ建坪でと思ったり、家が大きくなればなるほど建物本体の費用が大きくなるので

なんとかコンパクトにまとめてもらいたいところなのです。

image

っということで、住友不動産でも最初にできたのは48坪ほど。

「う〜〜〜〜〜〜ん」っと唸ったら

「次回はもうちょっとコンパクトにまとめてきます」っと言ってもらえました。

最初から45坪で作ってはくれないんですね・・・

 

営業さんが1級建築士の肩書きをお持ちでも、その人は図面ひかないんですね。設計した人は別の人の名前が書いてありました。

 

確かに、最初の説明とかは家をデザインとかだけでしか見れない私みたいな人からしたら

構造的な説明が聞けてよかったのですが。

今回の打ち合わせでは、「ここは設計しづらい場所なんですよね〜」などと

設計側の利便性ばかりを求められた間取りになっていて

リビングからバルコニーへは段差をなくす

とかも梁を無くさなきゃいけないから結構大変とか良くも悪くも言われてしまい、回を増すごとに面倒くささMAX・・・・・

 

これでなんだかんだ、見積もり額が4000万円前半でした。

「割引前ですけどね〜」っと割引はしてくれるようでしたが。

 

2軒の住友不動産のモデルハウスを見せてもらって思ったのは

内装が高級マンションで使われている建具と一緒の仕様

っというのがセールスポイントでものすごくアピールをしてくれましたが

ちょっと自分の好みと違うというところが私の中でひっかかるのです。。。

マンション仕様というのは人気なのかな?

 

っと思ったのと、やっぱり47坪2700万円のキャンペーンの説明すら受けられなかったという印象の悪さが残ってしまい、これ以上の打ち合わせはお断りして終了したのでした。。

私も利用したおすすめの無料見積もりサイトはこちらです
タウンライフで間取り・資金計画を無料で作成





ブログランキングに参加しています♪
応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村 インテリアブログへ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018